フリーランス

受けている6種類の仕事内容を紹介! フリーランスが複数の仕事をやるメリット

にゃっほー! ゆぴ(@milkprincess17)、17歳です!

私は、メインの仕事は「ライター」なのですが、他にもさまざまな仕事を並行して請け負っています。内訳はこんな感じ。

ライティング:¥160,000

ブログ運営:¥100,000

写真撮影:¥20,000

SNS運用:¥56,000

登壇:¥28,000

その他:¥50,000

月収:¥400,000

引用元記事:【暴露】フリーランス女子の1ヶ月目の月収を公開! ライターが収入を増やすポイント5つ

「ライターならライター1本でやればいいのに」と思うかもしれません。

でも、私の場合、「ライター」だけではなく、あえて複数の仕事を請け負うようにしています。

今回は、フリーランスが幅広い種類の仕事をやるメリットと、それぞれの仕事の具体的な内容についてお話しします。

幅広い種類の仕事をやるメリット

私の場合、メリットは3つあると感じています。

1つは、リスクヘッジができること。

複数の種類の仕事をやることで、仮に「ライター」という仕事がなくなっても、自分がスランプに陥って文字を生み出せなくなっても生きていくことができます。

特に、「飽きる」というのは1番怖いので、意識的に仕事を散らすようにしています。

 

2つめはチャネルを増やしてリーチを広げられること。

私の最終的なゴールは「私自身」に興味を持ってもらうことなので、ライティングはその1つの手段にすぎません。

文章が読むのが好きな人は文章から私に辿り着き、イラストを見るのが好きな人はイラストから私に辿り着きます。

多方面で発信しておけば、「イラストで知ったけどライターをお願いしたい」という人も現れるので、チャネルを増やしておくのは大事だと感じています。

 

3つめは多方面でスキルを上げて、スキルの掛け合わせが実現できること。

たとえば、「写真」×「ライティング」のように、スキルは組み合わせることで強みになっていきます。

さまざまなお仕事を並行してやっていけば、当たり前ですがスキルは上達していき、最初は「点」だったものが徐々に繋がって「線」になっていきます。

ライターはたくさんいるけど、「写真が撮れてアイキャッチも作れてSNS運用も強いライター」になることで、より強い人材になっていくので、掛けあわせるために個々のスキルを伸ばしています。

ゆぴ
ゆぴ
戦略的パラレルのススメです

 

ここからはそれぞれの仕事の具体的な内容になります。

ライティング(ライター)

「ライティング」と一概に言ってもさまざまな形態のものがあります。そのなかで、私が主に執筆しているのが下記です。

・イベントレポート

・対談レポート

・取材記事

・体験レポート

・編集業務

イベントレポート

「戦場経験は副業で積め!?」月460時間労働経験を経た須田仁之さんに聞く、現代社会でチカラをつけるコツ | 朝渋(朝活コミュニティ)
「僕は社畜時代を通して、ほとんどの仕事術を『量稽古』で身につけてきました」 20代のころ、孫正義さんのもとでYahoo! BB事業を立上げ中、月460時間労働に追われていたという須田仁之さん。 とはいえ、『働き方改革』で労働時間が見直されつつある今、同じようなハードな経験を積むのはむずかしいですよね。 限られた時間のなかで、上の世代のような高いスキルをつけるにはどうしたらいいのか。 今回はファシリテーターにYahoo!アカデミア代表・『1分で話せ』の著者である、伊藤羊一さんを迎え、須田さんに現代の働き方のなかで私たちがチカラを身につけるコツをお話しいただきました。 〈文=ゆぴ(17)〉 【須田仁之 (すだ・きみゆき)】上場請負人。ITベンチャー界のお笑い担当。早稲田大学 商学部卒業後、イマジニアを経てソフトバンクグループ入社。スカパー経営企画、ブロードメディア社のIPO、YahooBB事業立上げに従事。ソフトバンク退職後はアエリア、弁護士ドットコム、クラウドワークスのIPOに携わり、現在は40社以上のベンチャーでの顧問・取締役、社外役員として活躍する。 【伊藤羊一 (いとう・よういち)】ヤフー株式会社 Yahoo!アカデミア学長。株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒業後、1990年に日本興業銀行入行、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業再編などを担当した後、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。 2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。現在多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める 「副業」で負荷をかけ、戦場経験を積む 伊藤さん: 須田さんを形作るうえでやはり大事なのが、Yahoo! BBで孫さんに従事されていた経験だったと思うんです。そこで得たものを聞いてもいいですか? 須田さん: うーん、そんなにないんじゃないんですかね。 伊藤さん: えぇ… 須田さん: だってそれは、戦争経験者に「何を得ましたか?」って言っているようなもんですよ。自分も必死だし、毎日バタバタと人が倒れるし、いわゆるサバイバル状態なんです。 伊藤さん: 冗談じゃなく、本当に人が倒れていったんですか? 睡眠時間は…!? 須田さん:

イベントの内容を記事化するお仕事です。ライティングスキルというより、リスニング力と編集力が試される。即納を意識して書いています。

対談レポート

「早起きは、サウナと一緒です」夜型だった長谷川リョーが見つけた早起きの”脳内麻薬的”効果 | 朝渋(朝活コミュニティ)
リクルートを経てフリーランスの編集者として独立したのち、2018年に『株式会社モメンタム・ホース』を設立した長谷川リョーさん。 しかし、かつてはいかにも編集者らしく夜型だった彼が、ここ3ヶ月のあいだ5時起きを極め、何やら「ゾーン」なるものに入っている様子。 精神と思考のゾーン…? 自分だけの王国…?(混乱) 今回はそんな長谷川リョーさんが、早起きのPDCAサイクルを回すなかで見つけた、誰もがマネできるティップス『エクストリーム理論』(怖い)をはじめ、「早起き」について朝渋代表・5時こーじと対談していただきました。 〈文=ゆぴ(17)〉 【長谷川リョー(はせがわ・りょー)】株式会社モメンタム・ホース代表取締役。『SENSORS』編集長。修士(東京大学 学際情報学府)、リクルートホールディングスを経て独立。編集協力に『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文、落合陽一共著 SBクリエイティブ)、『日本進化論』(落合陽一著 SBクリエイティブ)、『THE TEAM』(麻野耕司著 幻冬舎)など。Twitter: @_ryh 3ヶ月間、1回も眠くなっていないのはなぜ? 5時こーじ: 長谷川さんって結構夜型のイメージだったんですけど…。なぜいきなり早起きを始めたんですか? まさか、朝渋効果…!? 長谷川さん: 違います(笑)。3ヶ月前に、仲の良い友だちにビーモン(※)の体験に誘われたのがきっかけでした。 “※b-monster(ビーモン)とは、ニューヨークで最先端の格闘系フィットネス。楽しみながら本格的なトレーニングが行える、新しいカタチのボクシング・フィットネス。” 長谷川さん: それがすごい良くて、その場で入会し、翌日から通うようになりました。そうしたら、なんと、どれだけ時間が経っても眠くならないことに気付いたんですよ。 俺、ビーモンを始めてから今日に至るまで1回も眠くなっていないんです。 ヒトの境地に達した長谷川さん 長谷川さん: それで、しばらくは9時くらいに起きて、ビーモンに行く生活を送っていたんですけど、「もっと早く起きてみたらどうなんだろう」という実験をしようと思い、少しずつ起床時間を早めて行きました。 すると、生産性がマジで変わって、仕事がうまくいくようになったんです。

「なぜ現実的な安全保障を共有できないんですかね?」駒崎弘樹が細野豪志に切り込む!

対談に同席し、記事化するお仕事です。ここでは、「写真」×「ライティング」のスキルを掛け合わせて、写真撮影も担当しています。

取材記事

GOはなぜいきなり絶好調? 三浦崇宏さんに聞く「言葉の定義」で始める経営

企画出し〜アポ取り〜取材〜記事化まで担当しています。撮影をすることも。

体験レポート

ラップを巻いてむくみを解消? 人気の「ラップオイルマッサージ」を受けてみた!〈ゆぴ体験記②〉 | ショップブログ | 東京楽天地
こんにちは、ライターのゆぴ(17)です。 職業は17歳で、「もうババァだから〜」と日々年齢を言い訳にしてチャレンジを諦めるダメな大人たちに喝を入れるべく、「心の年齢詐称のススメ」を布教

身体をはった体験記事を書くこともあります(笑)。

編集業務

ライターさんが書いた記事の編集を担当することも。

 

ライティングの場合、内容によってかかる時間もまちまち。ですが、今請け負ってる仕事のなかでは、1番工数を割いて取り組んでいます。

ライティング稼働参考

1ヶ月に10本〜

ブログ運営(ブロガー)

記事広告

【ホコ×タテ】スーパープログラミング講師 VS 英数字が読めないポンコツ17歳|放課後17歳。
にゃっほー! ゆぴ(@milkprincess17)、17歳です! 唐突に自分語りをしますが、私は根っからのド文系です。 数学はおろか、小学2年生のときの算数で「15-9=?」という問題が登場したとき、「えっ、指足りない

サービスや商品に絡めた記事を書いています。企画出しから写真撮影まで担当します。

イベントレポート

誰もが動画を作れる『Adobe Premiere Rush』。差別化のコツは「自分らしさ」!? #AdobePartner|放課後17歳。
にゃっほー! ゆぴ(@milkprincess17)、17歳です! いやー、ツイッターって夢がありますね。 クリエイター界隈、いや日本全国民が一度はお世話になっているであろう「Adobe」さんからDMが来ました。

イベントレポートをブログに掲載することも。

Adsenseなど

何気にこのブログも月間PV20,000くらいはあるのでお小遣いが入ってきています。

その他にも趣味で2つサイトを運営しています。ブログ好きなんです…(笑)。ブログは育てておくと仕事の幅が広がるのでゆるく更新しています。

 

ブログ稼働参考

1ヶ月に5本〜

写真撮影(カメラマン)

イベント撮影

「自分の可能性は自分で切り開く」”会社”ではなく”社会”に入り、新しい挑戦をする人のための、SHE主催 #所属のない入社式って? | SHEshares
会社に入ることだけが正解ではないこの時代。 フリーランスも、起業する人も、主婦も。 これから社会に入り、新しい […]

イベントのカメラマンをしています。プレスリリース用の写真を撮ることも。

今後はイベントだけでなく、ブツ撮りのお仕事もやっていく予定です。

 

撮影稼働参考

1ヶ月に1本〜(1時間程度)

SNS運用

これに関してはあまりオープンにできないのですが、企業のSNS運用を担当しています。また、運用まではいかなくても、Instagramの原稿作成のお手伝いもしています。

 

SNS運用稼働参考

運用は毎日、原稿は1ヶ月に10本〜

登壇・講師

https://twitter.com/she_officials/status/1104257798370615298

 

「フリーランス」「複業」「発信」というところで僭越ながら講師をやらせていただいています。

 

登壇稼働参考

1ヶ月に2本〜(30分程度)

その他(グラフィックレコーディングなど)

グラフィックレコーディング

これは今、めちゃくちゃ育てたいので特に気合いを入れている仕事です。今後稼働が増えていくはず!

声優

先日までナレーションなどを請け負っていたのですが、個人的にマネタイズに苦戦している領域。ここはまだ修行中の身ではありますが、もっと育てていきたいです!

 

グラフィックレコーディング稼働参考

1ヶ月に2本〜(1時間程度)

まとめ

複数の仕事をやるメリット

リスクヘッジができる

・チャネルを増やしてリーチを広げられる

スキルの掛け合わせが実現できる

「いろいろやってるよね」とよく言われる私ですが、少しずつ点と点が繋がり始めてきています。取材をしながら写真を撮ったり、グラレコとレポート記事をセットで納品したり。

とはいえ、私も全部どれも初心者からはじめています。

特に、グラフィックレコーディングは半年前に着手して、本格的に模造紙でやり始めたのは先月からですが、そこから仕事に繋がるという奇跡が起きています。

「どうせできない」と諦める前に、まずは道具を揃えて、真似をするところからはじめてみましょう。

いろんなスキルが組み合わさったら、あなたにしかできない仕事が舞い込んでくるはずです。

あわせて読みたい

【暴露】フリーランス女子の1ヶ月目の月収を公開! ライターが収入を増やすポイント5つ|放課後17歳。
にゃっほー! ゆぴ(@milkprincess17)、17歳です! フリーランスになって1ヶ月。 「フリーランスになると収入が3倍に増えるよ!」なんて先輩には言われたけれど、「どういう概算なんだそれ!」とまったく信用して
【書き起こしなし】レポート記事を速く書くコツ(2時間)【ライティング】|放課後17歳。
にゃっほー! ゆぴ(@milkprincess17)、17歳です! イベントレポートを大量に書いていたら、2時間程度で書けるようになりました。 自己紹介で、名刺を出したらアウト!教育改革実践家・藤原和博さんに聞く時代をリ
安定志向がフリーランスになるまでに半年で準備したこと|放課後17歳。
現在、フリーランスという働き方を選んでいるわたしですが、それまでは親の敷いたレールをキレイに歩き、転職をしたときも一切休み期間を設けなかったという超絶安定志向の持ち主。 しかし、すべてを手放し

 

ABOUT ME
アバター
ゆぴ(17)
17歳の頃から17歳な17歳。ライターをしながらブログを書きイラストを描き写真を撮って声優をやるマルチクリエイター。 17歳らしい繊細でエモみある取材と文章が特徴です。